サプリメントと薬の違い

足りない栄養を補給したり理想の身体を作る為に飲んだりと、サプリメントを飲んでいる方は多くいらっしゃると思います。
見た目からしてちょっと薬っぽいサプリメントですが、実は「健康食品」の分類であって定義上では薬ではありません。

薬は薬事法によって厳しく管理されているだけでなく、さらに医薬品・医薬部外品として定義が分けられています。
医薬品は病気の予防や治療を目的としたもので、成分内容や効果効能、副作用、用法等について適正な安全性の調査が行なわれており、正式に厚生労働大臣や各都道府県の知事から承認を受けたものを指します。
厳しい審査によって「医薬品」を名乗れるので、医薬品と呼ばれるものは安全性が保証されていると言っていいでしょう。

一方でサプリメントは食品の扱いですので、医薬品のような厳しい検査はありません。
実験や検証も行なわれないため効果があることも立証されていないだけでなく、副作用についてもどのような危険性があるのか分かっていないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です