分類の意味と飲み方

薬の箱を見てみると「第二類医薬品」や「第三類医薬品」というような分類が書かれています。
普段何気なく見ているこの分類表示は薬の副作用のリスクを表しているので、私たちが薬を服用する時に非常に大切な意味があるのです。

このリスク分類は第一類、第二類、第三類の三種類があります。
第一類医薬品に関しては副作用のリスクが高いため、薬剤師がいる店舗でしか販売が認められていません。
第二類、第三類の薬は売り場から直接購入することが可能です。

また薬の飲み方についてですが、大まかに食後、食間、食前、とんぷく、就寝前と分かれています。
それぞれ食後というのは食後30分後、食前は食前30分前、食間は食事と食事の間、就寝前は寝る30分前、とんぷくは痛むその都度となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です