薬を正しく使ってみよう

薬は正しく服用することにより、最大限の効果を発揮しますので、プロが教える薬の知識について理解しましょう。

病院や薬局から処方される薬を服用する際には、必ず薬の説明書が付いていて、用法用量や効能だけでなく、使用上の注意や副作用まで記載されていますので、きちんと理解した上で服用するようにしましょう。

薬はたくさん服用すればするほど症状を改善できるというわけではありませんので、自分で勝手に服用量を決めるのではなく、あらかじめ決められた時間や回数、分量を守って服用することが大切なのです。

薬の服用時間は、一般的な食前や食間や食後の他に、食直前や食直後、時間毎やとん服、寝る前などに分けられていますので、服用する薬の時間も守るようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です