実は危険な抗炎症薬の副作用とは

非ステロイドの抗炎症薬は、副作用として急性心肺停止が増加と関係していると言われているようですが、抗炎症薬の副作用とはどのような物があるのでしょうか。

鎮痛剤であるインプロフェンは、急性の心停止が起こる可能性があると言われていて、アメリカでは40歳以上の人の主な死因になっているのだそうです。

心停止の原因はハッキリしていないとのことですが、薬も危険因子の一つではないかと言われています。

非ステロイド性抗炎症薬のNSAIDsは、欧州の学会で無害な鎮痛剤が急性心停止の増加とも関係していると報告・警告しており、現在は処方箋が無くても購入できるので制限なしに服用することができてしまうのだそうです。

薬には何らかの副作用があり、無害である事の方が少ないので、服用する際には注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です