抗生物質を服用することのリスクとは

体の症状を改善するために抗生物質の服用を考えているなら、リスクについて理解した上で服用するようにしましょう。

病院に受診した際に抗生物質を処方されることが多いですが、抗生物質を飲まなくても良い場合もあり、抗生物質を服用しすぎると体内に耐性菌が作られてしまい、薬の効果が得られにくくなるのだそうです。

抗生物質には副作用のリスクがあり、服用して下痢や胃痛になったり、薬に対してアレルギー反応を引き起こす場合もあるのです。

ウイルスや細菌は人間の体に害を及ぼしますが、細菌の中には体の働きを手助けしてくれる物もあり、抗生物質は害を及ぼす細菌に対して効果を発揮するのです。

抗生物質を乱用してしまうと、細菌の良し悪しに関わらず体外に排出してしまうので健康にも悪影響ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です