薬の副作用の種類について理解しよう

WHOによる医薬品の副作用の定義とは、疾病の予防や診断、治療または体の機能を正常化させるために使われる通常の量を服用して、医薬品の意図しない反応や有害な反応が表れる事なのだそうです。

副作用は大きく分けて2種類の発現に分けられ、薬物が体の生理機能に影響を与えることを薬理作用と呼び、通常は期待される反応が出るはずですが、医薬品は複数の薬理作用を持っているので、主作用以外の反応が表れることがあるのです。

アレルギー反応では、ウイルスや最近が体内に入ってきた時の防御反応するはずが、免疫機能が過敏に反応すると炎症などの症状が表れる事があるのです。

複数の疾病を持つ人が医薬品を服用すると、和らげたい疾病に対して効果をもたらす一方で、別の疾病の症状を悪化させてしまう事も考えられるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です