身につけておきたい医薬品の基本的な知識とは

医薬品は臨床試験でGCPという評価基準が制定されていて、医薬品を使用する際には、必要な量より多く使ってしまうと有害反応が強く表れて中毒症状を起こしたり、最悪の場合には致死量に至る事も考えられるそうです。

疾病の予防や治療だけでなく、体の機能を正常な状態にするために使われていますが、医薬品の副作用は、通常の量で医薬品の意図しない有害な反応が出るという事だそうです。

薬の飲み合わせでアルコールは危険だと言われていますが、それは医薬品の代謝や吸収に悪影響を及ぼす事が考えられるためです。

アルコールを飲むと代謝機能が通常よりも高まっているとの事ですが、医薬品に含まれる物質は通常の服用よりも代謝されやすい状態になっているため、アルコールを飲んで薬を服用すると薬の効果が得られないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です