医薬品と薬用は何が違うの?

市販の物に書かれている医薬品と薬用という表示には、どんな違いがあるのか知っていますか?

医薬品は疾患の緩和や治療を目的としていますが、厚労相が認めた成分が配合されていますが、医薬部外品とは、厚労相が許可した有効な成分が一定の濃度で配合されている物が該当するのです。

医薬部外品は薬ではありませんが、得られる効果を商品に表示できるのです。

薬用は薬という言葉が入っていますが、効能は緩やかで、清潔や健やかを保つなどの目的で使われているのだそうです。

薬ではないけれど具体的な効き目があり、医薬品と化粧品の中間に位置しているが薬用なのです。

効果は商品によって異なりますし、自分で使ってみて効果を確かめる事になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です