薬の副作用ってどんな事が起こるの?

薬には主作用と副作用という物がありますが、副作用はどんな症状が起こるのか知っていますか?

副作用は薬を服用した時に出てしまった嫌な作用の事であり、例えば風邪薬なら服用して咳が治るのが主作用で眠くなってしまうのが副作用なのです。

薬の用法用量を守らずに服用量が増えれば増えるほど、副作用が出るリスクが高まったり、薬の種類によっては命に関わる場合もあるので、病院で処方される医療用医薬品は医者の処方箋がないと手に入れる事ができないのです。

テレビCMの薬はOTC医薬品であり、医療用医薬品よりも副作用が少ないと言われていますが、第一類医薬品から第二類医薬品、第三類医薬品という種類がありますが、第一類ほどリスクが高くなるのです。

第一類医薬品は医療用医薬品に近いという事ですから、服用するなら慎重に用法用量を守るようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です