座薬と浣腸は何が違うの?

お尻に使う座薬と浣腸にはどんな違いがあるのでしょうか?

大体同じような物で腸を刺激して排便を促す薬ですが、刺激の強さが異なっているのです。

座薬は炭酸ガスが固形化されていて、常温だと気化してしまいますが、摘んで直接肛門に入れる事によって、直腸でガスが発散して腸蠕動を促進させたり直腸を刺激するので、直腸性の便秘に良いと言われていますよ。

浣腸はノズルが付いている容器にグリセリンが入っていて、容器を押して薬液を腸に入れるのですが、腸にはサンプリングレスポンスという反射作用があり、便を柔らかくできて排便を促せるため便が硬い時に良いと言われています。

座薬を入れても効果が出なかった時には浣腸を使う事になるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です