花粉症には市販薬と処方薬、どっちを選ぶべき?

花粉症の薬は処方された薬と市販薬がありますが、どんな違いがあって、どちらを選ぶと良いのでしょうか?

処方薬は花粉症の症状に効果的な様々な成分が配合されていますが、抗ヒスタミンが配合されている薬のみ市販薬で手に入れる事ができるのです。

処方薬を手に入れたいなら病院を受診して処方箋を貰い、薬局で貰う薬ですが、市販薬はドラッグストアで簡単に手に入れる事ができますよ。

処方薬の方が保険があるため、市販薬よりも多少は安く感じるかもしれません。

妊婦さんや高齢者は、服用する前に医師に相談するのがオススメですよ。

市販薬を服用して効果があった方は市販薬がオススメですが、市販薬を服用してあまり効果が得られなかったと感じた方や、服用後に眠くなるなどの副作用が気になる方は処方薬を選ぶと良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です