ステロイド薬の正しい使い方とは?

ステロイドは皮膚科で処方される塗り薬タイプの外用薬ですが、正しく使う事が大切ですよ。

ステロイドは皮膚の炎症を抑える作用があるため、皮膚炎や湿疹、アトピーなどに効果が期待できますが、間違った使い方をしていると逆効果になる事が考えられるのです。

ステロイドの種類によって効果の強さが異なるため、自分自身の症状や肌の状態に合うステロイド薬を選ぶ必要があり、用法用量を守っていれば副作用は少ないという事ですから、体重に合わせた最適な使用量を守る事が大切ですよ。

ステロイドを塗っても症状が改善しない場合は使い方や薬選びを間違えている事が考えられますので、薬剤師に相談すると良いでしょう。

体の部位によっても塗る量は異なるため、使用する前に医師に聞いておく事が大切ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。