痛み止めの薬にはどんな副作用がある?

体の辛い痛みを和らげるために痛み止めの薬を服用し続けている方は多いかもしれませんが、副作用がありますので注意が必要ですよ。

非ステロイド系抗炎症薬やアセトアミノフェンの薬は痛みを和らげる効果が期待できますが、薬の連用によって、副作用として消化器系に潰瘍や腎機能障害や肝機能障害などの消化管粘膜障害ができる事があるのです。

痛みが出ている時に服用するのは問題ありませんが、長期間の継続的に服用していると副作用が出やすくなりますよ。

自分自身の肝臓や腎臓を守るためにも、痛み止めの連用は避けた方が良いでしょう。

対策としては医師や薬剤師の指示のもと胃薬を併用したり、薬の量を減らしたり、別の薬に変更をしてもらいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。