副作用と副反応にはどんな違いがあるのか?

ワクチンの接種の際に副反応という言葉が話題になりましたが、副作用と副反応にはどんな違いがあるのでしょうか?

副作用とはワクチン以外の薬の場合に使われる言葉であり、薬を使った後に主な作用とは異なる作用の事を表し、その作用が有害か無害かは関係ないのです。

副反応とはワクチンの場合に使われる言葉であり、ワクチンは免疫をつけるための物ですが、ワクチンを接種した後に主反応以外で出た有害事象の事であり、ワクチンとの因果関係が重要なのです。

軽い症状では眠気や頭痛、倦怠感などがありますが、重症な場合はアナフィラキシーというアレルギー症状が出る場合もあるため、副作用も副反応も気になる症状が現れたなら、早めに医師や薬剤師に相談する事が大切ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。